今まで書いた歴史物語をまとめてみました

 こんにちは。

このブログでは今まで、「現代の国際社会の出来事を世界史の知識に基づき理解する」というコンセプトのもと、「歴史物語」というシリーズ名でいくつかの記事を書いてきました。

ただ、その本数が増えてきた結果、せっかくこのブログを見に来てくれた方が、何処にどんな記事が書いてあるかわからないという状況になりつつあるようです。

以前も授業中に「南京大虐殺なんて存在しないって事は、ブログに書いておいたから!」と言ったら、「先生、どの記事ですか?」と聞かれてしまいました。

もちろん、これは私のタイトルをつけるセンスの無さが原因なのですが、ここらで、少し今までの「歴史物語シリーズ」をまとめようと思い、以下に内容毎にまとめてみました。

大きく分けると

1「何故、ヨーロッパがイスラムテロの標的になるのか」

2「何故、北朝鮮と韓国の経済格差が生まれ、北朝鮮がミサイルを撃つのか」

3「何故、中国は反日なのか」

この三つになります。

もしよろしければ、この記事に過去の記事もまとめておくので、ご覧になっていただければ幸いです。

 

 

何故、ヨーロッパでテロが起きるのか。何故、イスラム教徒がテロを起こすのか。それらを世界史の観点から解説した記事がこちらです。

higashi-history.hatenablog.jp

higashi-history.hatenablog.jp

higashi-history.hatenablog.jp

higashi-history.hatenablog.jp

higashi-history.hatenablog.jp

higashi-history.hatenablog.jp

higashi-history.hatenablog.jp

higashi-history.hatenablog.jp

 

 

 

なんで北朝鮮がミサイルを撃ったりアメリカを挑発するのか。南北朝鮮の経済格差はどうして生まれたのか。それらを解説した記事がこちらになります。

 

higashi-history.hatenablog.jp

higashi-history.hatenablog.jp

 

 

 

天安門事件の具体的な中身、即ち、中国共産党による大虐殺が行われた実態や、その結果、中国共産党は国民の目をそらすため、反日政策を推進した事。さらには、南京大虐殺なんて存在しない事を解説した記事がこちらです。

 

higashi-history.hatenablog.jp

higashi-history.hatenablog.jp

higashi-history.hatenablog.jp

higashi-history.hatenablog.jp

higashi-history.hatenablog.jp

higashi-history.hatenablog.jp

higashi-history.hatenablog.jp

 

 

中国の反日思想の原点が、実は紀元前の中華思想にあるよ!なんて事を解説した記事がこちらになります。

 

higashi-history.hatenablog.jp

higashi-history.hatenablog.jp

higashi-history.hatenablog.jp

higashi-history.hatenablog.jp

higashi-history.hatenablog.jp

higashi-history.hatenablog.jp

 

higashi-history.hatenablog.jp

 

 

 

 

higashi-history.hatenablog.jp

 

 

higashi-history.hatenablog.jp

higashi-history.hatenablog.jp

higashi-history.hatenablog.jp

 

 

歴史物語〜反日国家の作り方〜 中世史編その3 格差社会は朝鮮社会の伝統芸?

こんにちは。
前回は、それまで散々異民族に圧迫され支配されてきた漢民族が、自分達は世界の中心なんだ、と、突如根拠無き主張を始め、その妄想を裏付ける思想として朱子学を広めたというお話を御紹介しました。朱子学はその後、日本等周辺諸国に広がりましたが、無論今では廃れています。
今回は、その朱子学が朝鮮では20世紀まで存続し、現在の荒唐無稽な反日活動の原点となっている事を御説明したいと思います。

14世紀に建国された李氏朝鮮は、朱子学を官学としました。これは、建国者の李成桂が明の保護を受けようとしていたからですが、実は朝鮮人にとっても、この朱子学は都合が良かったのです。

7世紀に新羅という国が朝鮮半島を統一しました。結論から言うと、この瞬間から現在に至るまで、朝鮮半島は極めて身分格差の大きい格差社会なのです。

新羅は征服した百済高句麗の生き残りを奴隷とし、さらに骨品制という、カースト制度の様な身分制度を作りました。生まれた家によって身分というか職業が決まる。言い方を変えれば、格差社会を固定化する制度です。

朝鮮統一後、およそ300年続いた新羅のおかげで、骨品制に基づく格差社会が朝鮮に定着しました。その後、10世紀に成立した高麗という王朝で、両班という特権階級が現れ、後に李氏朝鮮の時代に世襲化します。こうして、一部の一族が特権階級の地位を独占し、庶民はどんなに努力しても立身出世が望めない、現在まで続く朝鮮社会が成立したのです。

想像して下さい。朝鮮の特権階級にとって、上下関係を絶対的なものとする朱子学大義名分論は、自分達の地位を保つのに極めて都合が良いのです。その結果、朱子学は20世紀まで朝鮮社会に生き続け、現在も朝鮮人の思想に大きな影響を与えています。

さて、朱子学には大義名分論の他に華夷の別という思想もありましたね。漢民族を世界の中心とする思想です。古来より、中華思想では中国皇帝の居る場所が世界の中心とされ、そこから離れれば離れるほど、卑しい身分であるとされました。つまり、中国皇帝に近い自分達の方が、日本より優れた民族であり、身分が低い日本には何をしてもかまわない、朝鮮人はこう考えているのです。そしてそれが、非常識極まりない、荒唐無稽な反日活動につながるのです。

我々日本人は、小さい頃から人は皆平等であると教えられて成長します。しかし、それは日本だけで通用する考え方と言っても過言ではありません。我々がそう思っているから相手もそう思うだろうと考えて行動した結果、中韓反日活動はかつてない規模になってしまいました。

昨年11月から長々と続いた、この反日国家の作り方シリーズですが、今回で最終回となります。このシリーズを読んだ皆様が、中韓の思想や彼等の反日活動の理由とその虚構を理解し、彼等との今後の付き合い方を考えていただければ幸いです。

歴史物語〜反日国家の作り方〜 中世史編その2 厚顔無恥って言葉を知ってるかい?

こんにちは。随分と間が空いてしまいましたが、歴史物語の続きを書きました。
長く続けてきた歴史物語の反日国家シリーズも、今回と次回で最終回になりそうです。

前回の歴史物語の記事では、漢民族がモンゴル人などの異民族に支配され、文化も否定されるなど落ちぶれていく様を御紹介しました。今回は、そんな落ちぶれた漢民族が、現在の反日活動の原点となる思想を生み出す様を御紹介します。

14世紀後半、元は経済政策の失敗でインフレとなります。すると、これに怒った漢民族が白蓮教徒の乱と呼ばれる反乱を起こし、これにより元は滅亡しました。

余談ですが、元を滅ぼしたのは朱元璋という人物です。彼は反乱軍の首領を殺し、反乱軍を乗っ取った男です。ちなみに、殺された首領は父親を元に殺された敵討ちの為に、反乱を起こしたのです。父親の敵討ちを目指していた首領を殺し反乱軍を乗っ取る。この時点で人間性に疑問を感じます。

朱元璋は明という国を建国しますが、彼はまさに、猜疑心の塊でした。
自分が裏切りにより地位を得ただけに、家臣の裏切りを極端に恐れ、密告を奨励し、少しでも反発した家臣はすぐに殺されました。おかげで明の家臣達は、毎朝出勤する時に、家族と今生の別れをし、帰宅すると再会を泣いて喜んだと言います。もはや喜劇です。

そんな男でしたが、朱元璋こそが漢民族国家を立て直した男でもあるわけです。

彼は様々な改革を行い、独裁国家体制を整えていきますが、その中の一つに、朱子学を官学化した事が挙げられます。

朱子学というのは、儒学の一派です。つまり、目上の人を敬う事が根本思想です。これにより、人々に皇帝を敬わせ、皇帝独裁への不満を抑える。前漢の時代から繰り返されてきた手法です。しかし、朱子学にはそれまでの儒学とは違う、ある特徴がありました。それが、「華夷の別」と「大義名分論」です。

まずは「大義名分論」から御説明しましょう。簡単に言うと、上下関係を絶対的なものにするという思想です。目下の者は目上の人の言う事に服従するのが美徳であり、余計な感情など持ってはいけない。皇帝独裁を補完する思想だと思ってもらえればと思います。

次に「華夷の別」ですが、これは漢民族と異民族を区別し、漢民族を異民族よりも優れた、世界の中心的存在の民族とする思想です。10世紀の唐の滅亡以降、400年近く異民族に苦汁を舐めさせられてきた漢民族が、自分達のプライドを保とうとしているわけです。
異民族に多額の銀を払い国境線を維持し、モンゴル人には完全に支配下に置かれた挙句、自分達の文化を否定すらされた漢民族が、自分達は他のどの民族よりも優れていて世界の中心なんだと主張する。まさに厚顔無恥といったところでしょうか。

この華夷の別と大義名分論を組み合わせると、漢民族は世界で最も優れた民族であり、異民族は漢民族に絶対的に服従するべきだ。と、なりますね。とんでもない思想です。この朱子学が、ベトナムや朝鮮、そして我々日本など、周辺諸国に伝わっていくのです。

既にお気づきの方もいるかもしれませんが、実はこの朱子学が、現在の中国韓国の反日活動の原点なのです。無論、我々日本やベトナムでは、朱子学はとうの昔に廃れてます。しかし、朝鮮は違います。現在まで、朱子学思想は朝鮮で生き続けているのです。

今回はここまでにし、次回は朝鮮社会と朱子学反日活動に結びつく事を御紹介したいと思います。
よろしければお付き合いください。

アメリカが北朝鮮よりも韓国に激怒した日

こんにちは。

トランプ大統領が、在韓米軍の縮小検討を指示したようですね。前々回の記事で指摘した、1950年当時の半島情勢と似てきました。歴史は繰り返されるのでしょうか。


前回の記事では、朝鮮戦争の経過と、その最中に行われた韓国政府による自国民虐殺という蛮行について御説明しました。

今回はついに、韓国政府が朝鮮戦争休戦協定に調印しなかった理由を御説明します。



朝鮮戦争は当初、マッカーサー率いる国連軍が優勢でしたが、中国軍が参戦し、さらにソ連からの軍事援助により北朝鮮軍が強化された事で、泥沼化しました。上記の通り、両軍共に尋常ではない戦死者を出しています。ちなみに、アメリカ軍単体で見ても、参戦した兵力およそ40万人の内、1割以上が戦死しました。
開戦から1年後、流石に疲弊した両陣営は、休戦協議を始めました。しかし、交渉は難航します。当然ですよね。当時は冷戦、即ち資本主義と共産主義の戦いです。両陣営共に、少しでも勢力圏を拡大すべく、交渉を重ねていたのです。しかし、それを邪魔する者が現れます。李承晩です。

ビジネスの交渉でも友人同士のやりとりでも、こちらの都合を全て押しつけ相手の言う事を聞かないなんて事は、まかり通りませんよね。ましてそれが、外交交渉ならなおさらです。しかし、李承晩にはその様な常識はありません。両陣営の外交交渉を無視し、国連軍に対し盛んに北進統一を訴え続け、それが却下されると、突如として日本の竹島を占領したのです。
資本主義国の韓国が、他の資本主義国が韓国領を守る為に命をかけて戦い、必死に外交交渉をしている間に、資本主義国である日本の領土を奪ったのです。全ては己の欲の為です。どの様な言葉でも表す事が出来ないほどの愚行です。当然、アメリカは激怒し、李承晩との対立は決定的となりました。その後、李承晩は最後まで休戦に反対し続け、休戦協定の調印を拒否したのです。
こうして、朝鮮戦争休戦協定は北朝鮮と国連軍の間で調印され、韓国は蚊帳の外に置かれてしまったのです。全ては、李承晩の権力欲のせいでした。また、休戦協定に調印しなかった李承晩でしたが、休戦に「同意」する事は認め、その代わりに、アメリカに多額の経済援助を要求します。
自国民を虐殺したあげく、自国の為に血を流してくれた同盟国に対し、「まだ戦え。嫌なら援助をしろ。」と要求する。厚顔無恥という言葉でも足りないほどの恥知らずです。結局、アメリカは韓国に多額の経済援助を行いましたが、李承晩はそれを己の権力を維持する為に使いました。つまりは、己を支持してくれる財閥へ優先的に分配したのです。当然、国民は貧しいままでした。これが、現在まで続く韓国の格差社会の一因なのです。
如何でしょうか。李承晩という人間が、如何に己の事しか考えていない愚者であるか、御理解いただけたかと思います。
昨今、韓国や北朝鮮は事あるごとに虚構の歴史を並べ立て、日本は批判していますが、それに対抗するには、我々日本人が正しい歴史知識を身につける事が重要です。

今回の記事が、皆様が韓国や北朝鮮という国を判断する材料になれば幸いです。

韓国は北朝鮮よりも酷い虐殺国家だった?

こんにちは。

世間では南北朝鮮にノーベル平和賞だなどと、ジョークにしても全く面白くない戯言が飛び交っていますね。


さて、前回は、北朝鮮に対し韓国があまりに軍事的に弱体であった事が、朝鮮戦争を招いた事を御説明しました。

今回は、朝鮮戦争の経過と、李承晩の虐殺行為について御説明したいと思います。


戦闘が3年間続いたこの戦争、その結果は悲惨という言葉に尽きます。
諸説ありますが、戦死者の数は民間人を含め、両軍合わせて約400万人。使用された爆弾は約60万トン。ちなみに、大東亜戦争における日本の死者数は民間人を含め約210万人。米軍が使用した爆弾は約16万トン。これらの数字を見ても、朝鮮戦争が悲惨な戦争であった事が御理解いただけると思います。

ちなみに、韓国の死者はおよそ130万人と言われていますが、その大部分が民間人であったと言われています。何故でしょう。一つには、韓国軍の戦意の低さが原因です。
初戦で大打撃を受けた韓国軍は、米軍から最新鋭の装備を支援された後も、少しでも戦況が不利になるとそれらの装備を放棄して独断で撤退しました。当時、国連軍を率いていたアメリカの将軍は、その著書の中で「韓国軍が放棄した装備は、完全武装の数個師団を装備可能な程であった。」と述べています。また、韓国軍が独断で撤退した事により、他の国連軍の部隊が危険に晒される事が多々あったようです。これらの韓国軍の行動は、米軍に韓国軍への不信感を抱かせる結果となります。しかし、それ以上に米軍に韓国軍への不信感を抱かせたのは、李承晩の行動でした。

開戦初日、突然の攻撃に慌てた李承晩は、北朝鮮軍の侵略に呼応した共産主義者のテロ行為を防ぐという名目で、自国民を大量虐殺しました。
元々、韓国では共産テロが頻繁しており、その対策として共産主義者と疑いをかけた人物を、保導連盟という団体に登録し監視下においていました。しかし、その多くは、警察が点数稼ぎの為に無実の住民を勝手に共産主義者として登録していたと言われています。その登録されていた人々が、突如として韓国軍や韓国警察により虐殺されたのです。
保導連盟と呼ばれるこの虐殺事件は、その数は未だに不明ですが、20万人は下らないと言われています。なお、韓国政府は90年代終わりまで、この事件を隠蔽していました。流石は歴史を重んじる国家ですね。

開戦三日後、首都のソウルは陥落しました。実はこの時、李承晩は市民を見捨てて逃亡しただけでなく、自分が逃亡する時間を稼ぐため、ソウルを流れる漢江にかかる橋を、避難民ごと爆破しました。もう一度言います。大統領自ら、自分が逃げる時間を稼ぐために自国民を橋ごと爆破したのです。

このように自国民を虐殺した挙句、自らが逃げる時間を稼ぐために橋ごと爆破した李承晩に、アメリカ軍は不信感を抱いたのです。  

その後も李承晩は、国連軍を率いていたマッカーサーに無断で韓国軍を38度線を越えさせるなどしたため、アメリカ軍の不信感は増すばかりでした。

 

今回はここまでにし、次回はいよいよ、韓国が朝鮮戦争休戦協定に調印しなかった理由を御説明します。

韓国は北朝鮮よりも酷い虐殺国家だった?

こんにちは。

世間では南北朝鮮にノーベル平和賞だなどと、ジョークにしても全く面白くない戯言が飛び交っていますね。


さて、前回は、北朝鮮に対し韓国があまりに軍事的に弱体であった事が、朝鮮戦争を招いた事を御説明しました。

今回は、朝鮮戦争の経過と、李承晩の虐殺行為について御説明したいと思います。


戦闘が3年間続いたこの戦争、その結果は悲惨という言葉に尽きます。
諸説ありますが、戦死者の数は民間人を含め、両軍合わせて約400万人。使用された爆弾は約60万トン。ちなみに、大東亜戦争における日本の死者数は民間人を含め約210万人。米軍が使用した爆弾は約16万トン。これらの数字を見ても、朝鮮戦争が悲惨な戦争であった事が御理解いただけると思います。

ちなみに、韓国の死者はおよそ130万人と言われていますが、その大部分が民間人であったと言われています。何故でしょう。一つには、韓国軍の戦意の低さが原因です。
初戦で大打撃を受けた韓国軍は、米軍から最新鋭の装備を支援された後も、少しでも戦況が不利になるとそれらの装備を放棄して独断で撤退しました。当時、国連軍を率いていたアメリカの将軍は、その著書の中で「韓国軍が放棄した装備は、完全武装の数個師団を装備可能な程であった。」と述べています。また、韓国軍が独断で撤退した事により、他の国連軍の部隊が危険に晒される事が多々あったようです。これらの韓国軍の行動は、米軍に韓国軍への不信感を抱かせる結果となります。しかし、それ以上に米軍に韓国軍への不信感を抱かせたのは、李承晩の行動でした。

開戦初日、突然の攻撃に慌てた李承晩は、北朝鮮軍の侵略に呼応した共産主義者のテロ行為を防ぐという名目で、自国民を大量虐殺しました。
元々、韓国では共産テロが頻繁しており、その対策として共産主義者と疑いをかけた人物を、保導連盟という団体に登録し監視下においていました。しかし、その多くは、警察が点数稼ぎの為に無実の住民を勝手に共産主義者として登録していたと言われています。その登録されていた人々が、突如として韓国軍や韓国警察により虐殺されたのです。
保導連盟と呼ばれるこの虐殺事件は、その数は未だに不明ですが、20万人は下らないと言われています。なお、韓国政府は90年代終わりまで、この事件を隠蔽していました。流石は歴史を重んじる国家ですね。

開戦三日後、首都のソウルは陥落しました。実はこの時、李承晩は市民を見捨てて逃亡しただけでなく、自分が逃亡する時間を稼ぐため、ソウルを流れる漢江にかかる橋を、避難民ごと爆破しました。もう一度言います。大統領自ら、自分が逃げる時間を稼ぐために自国民を橋ごと爆破したのです。

このように自国民を虐殺した挙句、自らが逃げる時間を稼ぐために橋ごと爆破した李承晩に、アメリカ軍は不信感を抱いたのです。  

その後も李承晩は、国連軍を率いていたマッカーサーに無断で韓国軍を38度線を越えさせるなどしたため、アメリカ軍の不信感は増すばかりでした。

 

今回はここまでにし、次回はいよいよ、韓国が朝鮮戦争休戦協定に調印しなかった理由を御説明します。

北朝鮮と韓国の井戸端会議から見つめ直す朝鮮戦争

こんにちは。
巷では、北朝鮮と韓国の南北首脳会談が話題になっていますね。
ある程度世界史の知識がある方なら、いや、そうじゃない方でも、3回目となる南北首脳会談が茶番に過ぎない事はご存知かと思います。

2000年に初の南北首脳会談が行われました。しかし、2006年には、北朝鮮は核実験を行っています。
核実験から1年後の2007年には、第2回南北首脳会談が行われました。その2年後、北朝鮮はまたも核実験を行い、極東情勢を不安定にしました。また、2010年には韓国の延坪島北朝鮮の砲撃を受け、民間人にも死者が出ました。
このように、南北首脳会談は極東地域の安定には何の効果もありません。また、会談の内容も、日本が悪い、日本は民族の敵だなどと、全く歴史的事実を無視した虚言を繰り返す低次元のもので、主婦の井戸端会議と大して変わらない次元です。いや、井戸端会議の方が円満な人間関係の構築に役立つ事を思うと、それ以下なのでしょう。

さて、今回の南北首脳会談を伝えるニュースの中で、この様な情報を耳にした方もいらっしゃるかと思います。

「韓国は朝鮮戦争の休戦協定に署名していないので、終戦協定を結ぶ事が出来ない」

意味がわかりませんね。朝鮮戦争とは、1950年から3年間、北朝鮮と韓国の間で戦われた戦いです。その戦争の休戦協定に、何故、当事国の韓国が署名していないのか。今回はこの事を、御説明しようと思います。

朝鮮戦争は1950年6月、北朝鮮の奇襲で始まりました。では何故、北朝鮮は韓国を攻撃したのか。一つにはアメリカの判断ミスがあります。
当時、世界は米ソ冷戦の時代です。アメリカはヨーロッパの共産化やソ連によるヨーロッパ侵攻を恐れ、ヨーロッパ防衛に力を入れていました。その結果、朝鮮半島は軽視され、韓国軍にはろくな援助を与えず、その装備は戦車が一両も無いほど、脆弱なものでした。また、韓国初代大統領の李承晩の性格も、アメリカが韓国軍への援助を縮小した理由でした。
李承晩は第二次世界大戦中、上海で反日運動を展開していました。しかしそれは、愛国心でもなんでもなく、自らが頂点に立つ国家をつくるためだったのです。
彼は、かつて朝鮮半島に存在した両班という特権階級の血筋であり、自分が強大な権力を手に入れる事のみを考え、国民の事など少しも考えてはいませんでした。この辺は、今の大統領と同じですね。
そんな彼にとって、戦後の半島分断は耐え難いものです。彼の夢は、半島全土の支配者になる事であり、半島南部だけでは我慢出来ません。そこで、彼は大統領に就任した後も、公然と「北進統一」、即ち、北朝鮮征服による半島統一を訴え続けました。これに、アメリカが焦ります。 
第二次世界大戦で疲弊していたアメリカ軍は、新たな戦争を望んではいません。最悪、戦争が起きた場合も、戦場はヨーロッパに限定したい。アジアとヨーロッパの二方面での戦争は避けたい。しかし、李承晩は戦争経験も無く戦場の悲惨さなど知らずに、己の権力欲の為だけに北進統一を主張している。彼に強大な軍事力を与えては、北朝鮮に侵攻し戦争が勃発する可能性が高い。そう考えたアメリカは、あえて韓国軍を弱体化させたのです。

そんな弱体な韓国軍に対し、北朝鮮は精強な軍を誇っています。戦車の数だけでも240両を超え、韓国軍を圧倒しています。何故、北朝鮮がそれほどまでに強かったか。それは、ソ連や中国の援助が原因でした。

先ほども書きましたが、当時は冷戦の真っ只中です。ソ連や中国は共産圏の拡大を目論んでいました。そんな共産国にとって、軍事的に弱体な韓国はまさに恰好の標的だったのです。韓国を征服すれば朝鮮半島全域を共産圏に出来る。そう考えたソ連は、北朝鮮に最新鋭の戦車や戦闘機を支援し、北朝鮮軍を大幅に強化します。そしてついに、北朝鮮は韓国侵略を開始したのです。


長くなりそうなので今回はここまでにし、次回は朝鮮戦争の展開というか、韓国の闇とも言える歴史について御説明しようと思います。