世界史を学ぶ人へお勧めの本 その2

こんにちは。ようやく、梅雨らしくなってきましたね。ある程度年齢を重ねると、梅雨の良さがわかるようになるのが不思議です。おそらく、この感覚は日本人独特な物なのでしょう。やはり、異文化交流とは難しいものです。そこで、今回皆さんにお勧めしたいの…

世界史を学ぶ人へお勧めの本 その1

こんにちは。 仕事柄、本をけっこう読みます。その本の中で、世界史を学ぶ人達に是非読んでいただきたい本を、これから紹介していこうかなと思います。 今日のお勧めの本はこちらです。 菊の御紋章と火炎ビン―「ひめゆりの塔」「伊勢神宮」が燃えた「昭和50…

歴史物語~産業革命とイスラム世界その3~

こんにちは。 前回の記事では19世紀にオスマン帝国が弱体化していく様子を御紹介しました。今回はその続きとなりますが、結論から言えば、イギリスがイスラム世界から大いに恨みを買うというお話です。もうおわかりかと思いますが、それが現在のイスラムテロ…

歴史物語~産業革命とイスラム世界その2~

こんにちは。 暑い日が続きますね。こう暑いと、弱ってしまいます。という訳で、今回はオスマン帝国が弱体化するというお話です。毎回、強引な導入でお恥ずかしい・・・ 前回の記事では 産業革命がイスラム世界に大打撃を与え、ヨーロッパ社会への恨みが増幅…

歴史物語~産業革命とイスラム世界~

こんにちは。 徐々に暑くなってきましたね。ついに我が家も、暑さに屈してクーラーをつけるようになってしまいました。まだ5月だというのに、春は何処に行ってしまったのでしょうか。機械に依存するようで情けないのですが、今回はその機械に関するお話です…

歴史物語~大航海時代とイスラム世界~その2

こんにちは。 ようやく、暑くなってきましたね。私が子供の時に比べると、より暑くなった気がします。しかし、この仕事をしている限り、夏は夏期講習で忙しく、海に行く事など夢のまた夢・・・ たまには、海で羽を伸ばしたいもんです。もっとも、海が幸せを…

歴史物語~大航海時代とイスラム世界~

こんにちは。 五月も半ばに差し掛かりつつありますね。先日、黄砂の影響か鼻をやられてしまい、せっかくの連休が台無しになってしまいました。仕方のない事ですが、やはり日本は大陸からの影響を受けているんだなと実感しました。 もっとも、西からの影響を…

受験生が今の時期に気をつけるべきこと

こんにちは。 もうすぐゴールデンウィークですね。そろそろ、新入社員の皆さんも会社に慣れてきた頃ではないでしょうか? 昔から五月病などと言いますね。四月から新しい環境で頑張ってきた人が、一ヶ月経ち、疲れやストレスが溜まってしまうのが原因だとか…

悪い慣れと良い慣れ

こんにちは。 4月も後半に入りましたね。巷では、新入社員が二日で辞めた等、もはや毎年の風物詩ともいえる新入社員に関する話が溢れています。ある意味、新入社員の非常識さに日本社会が慣れてしまったのかもしれません。 そう、「慣れ」というものは、恐ろ…

挨拶の出来ないゆとり社員と歴史教育

こんにちは。 前回までゆとり社員について書きましたが、新年度が始まってまだ幾日もたっていないにもかかわらず、私も早速、彼らの洗礼を受けてしまいました(笑)挨拶が出来ない若者が多くとはよく言われますが、「出来ない」と「しない」はまた一つ段階が違…

ゆとり教育と車線変更

こんにちは。 前回の記事でジェネレーションギャップを乗り越える方法について書きましたが、今回もその続きです。 ここ数年、ゆとり教育について語られる事が多くなりました。特に、ゆとり社員との接し方等の記事やニュースが多いと思います。なお、今回の…

年号とゆずと新入社員との接し方

こんにちは。 今朝のニュースで、多くの企業で入社式が行われている様子を見ました。 大体の新入社員は 「希望で胸が膨らみます!」 みたいなコメントをしていました。社会人の諸先輩方がこのコメントを見て、どのような感想を抱くのか。 もちろん人それぞれ…

東京ラブストーリーとジェネレーションギャップを考える

こんにちは。 当たり前ですが、予備校講師は顧客の大半が10代の若者達です。そのため、若者との接し方に長けていると思われるのか、よく酒の席でサラリーマンの方から 「最近の新入社員は、どう接して良いかわからない。」 という相談を受けます。いわゆるジ…

部活と受験の両立は不可能?

こんにちは。 先日、予備校の合格祝賀会に行ってきました。今年も多くの生徒が志望校に合格し、こちらとしても嬉しい限りです。 毎年、この時期になると思い出す生徒が何人かいます。 4月の時点では偏差値が40あるかないかだったのに、MARCHに合格したサッカ…

世界史の勉強法その2

今回も、大学受験に向けての世界史の勉強法について書いてみたいと思います。 くどいようですが、世界史は演習が極めて重要です。そして、前回の記事では 「問題演習は適切な時期に適切な問題を解くこと」 が重要であり、そのために 4月~6月:市販の問題集…

世界史の勉強法

今回も、大学受験に向けての世界史の勉強法について書いてみたいと思います。 前回の記事で「世界史は演習科目である!」と書きました。 理由は前回の記事を読んでいただければと思いますが、では、具体的にどの様な演習をすれば良いのか。もちろん、やるべ…

大学受験に挑む世界史受験生へ

今日は、世界史の勉強法について書いてみようと思います。 おそらく、新高3生の皆さんの中には、世界史に苦手意識を持っている人も多いと思います。世界史を選んだ人の中には 「漢字が苦手だから日本史より世界史」 という、消極的(?)理由で世界史を選択し…

はじめまして

世界史講師の東根です。予備校や高校で世界史を教えたり、模試を作ったりと世界史を生業としています。サザンオールスターズやプロレスをこよなく愛する、神奈川生まれの神奈川育ち。幼少期に夢中になった三銃士や、小学生時代に心を鷲掴みにされた三国志の…