読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界史の勉強法

今回も、大学受験に向けての世界史の勉強法について書いてみたいと思います。

 

前回の記事で「世界史は演習科目である!」と書きました。

理由は前回の記事を読んでいただければと思いますが、では、具体的にどの様な演習をすれば良いのか。もちろん、やるべき演習は時期によって違います。例えば、4月から第一志望の赤本を解いて合格点を取れる人は、ほぼいないでしょう。

つまり、

 

「問題演習は適切な時期に適切な問題を解くこと」

 

これが重要なのです。以後、どのような時期にどのような問題を解くべきかについて、

少し、時系列毎にまとめてみます。

 

4月~6月:市販の問題集や予備校の問題集

7月~9月:志望校以外の赤本

10月~ :志望校の赤本

 

この様な演習スケジュールが理想的かと思います。

まずは4月~6月の市販の問題集や予備校の問題集ですが、これがなかなか難しい。何故なら、問題集は人によって合う合わないがはっきりと分かれます。例えば、先輩に勧められた問題集が自分にとっては使いにくいという事が多々あります。また、現在、参考書や問題集は数多く出版されていますが、はっきり言ってまさに玉石混淆です。本当に入試問題を研究しているのか、疑いたくなる問題集もあります。その中から、自分に合う問題集を見つけなければいけないのです。

本来なら、私のお薦めの問題集を書きたいのですが、ちょっと大人の事情というものがありまして、書けないのがもどかしい(笑)

そこで、皆さんが問題集を選ぶ時に活用してほしい基準をいくつか書いてみます。

 

(1)過去問を使っている

(2)一問一答形式ではなく、文章の穴埋め方式

 

この二点ですね。

(1)についてですが、当然皆さんは、最終的に志望校の入試問題を解けるようになりたいわけです。出版社や著者のオリジナルの問題を使っている問題集はより、過去問を使った物の方がお薦めなのは自明の理です。

(2)も理屈は同じです。一問一答は単語を覚えるのには、適しています。それは事実です。しかし、それは同時に、皆さんの負担を大きくしているのです。

一問一答で単語を覚える場合、単語を一つずつ覚える事になります。それに対し、文章の穴埋め方式なら、関連する単語をセットで覚える事が出来ます。古代中国を例にとってみましょう。

前漢武帝匈奴衛氏朝鮮への遠征を実施し、朝鮮4郡、河西4郡、南海9郡を設置したが、莫大な対外政策費が財政を圧迫し、塩鉄酒の専売制度を実施した。」

この文章を読むだけで、

武帝匈奴衛氏朝鮮・朝鮮4郡・河西4郡・南海9郡・塩鉄酒の専売

の7つの単語を覚える事が出来ます。当然ですが、7つの単語を一つずつ覚えるより効率的でしょう。

 

7月以降の志望校以外の赤本演習については、次回書きたいと思います。