読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京ラブストーリーとジェネレーションギャップを考える

こんにちは。

当たり前ですが、予備校講師は顧客の大半が10代の若者達です。そのため、若者との接し方に長けていると思われるのか、よく酒の席でサラリーマンの方から

「最近の新入社員は、どう接して良いかわからない。」

という相談を受けます。いわゆるジェネレーションギャップというやつですね。

有名な話ですが、エジプトのピラミッドにも、建築に携わった労働者達の「最近の若者は・・・」という愚痴が刻まれているそうです。

つまり、ジェネレーションギャップは人類の永遠の課題とも言えるのかもしれません。

では、どうすればジェネレーションギャップを克服出来るのか。

ここで、私の体験談をある漫画を基にお話ししたいと思います。

 

 

 

東京ラブストーリー

言わずもがな、90年代を代表する恋愛漫画。一時代を築いた純愛漫画と言っても過言ではないでしょう。
ドラマは見た事ないが、高2の時、古本屋で文庫本を購入。純愛ストーリーに見事にハマってしまった。

 

ご存知ない方の為に簡単に人間関係を整理すると

 

 

完治:主人公。愛媛出身。
さとみ:主人公の高校時代の同級生。
三上:主人公の幼馴染。高校も同じ。
リカ:主人公の同僚。
和賀:完治とリカの上司。

つまり、完治、さとみ、三上の3人は高校の同級生なのです。彼らが社会人や大学生となり、愛媛から東京に出て、純愛物語を展開していく。

 

 

この度、物語完結から25年後を描く新作が発売され、迷う事なく購入。非常に面白かったです。
しかし、何処か違和感が・・
試しに、カミさんにも読んでもらいました。やはり、違和感を感じたらしいのです。2人の共通意見は

「これ、純愛じゃなくね?」

ここで、登場人物の人間関係をもう少し深めてみましょう。

 

 

完治:さとみに片思いするもさとみを三上にとられ、リカと寝る。その後、リカと同棲。

リカ:和賀と愛人関係だったが、和賀が妻子を捨てた途端別れる。その後、完治と同棲するも、他の男とも寝る。何度も寝る。突然、アメリカに留学。最後は完治と仲がこじれた隙に和賀の子を身籠もり、消息を断つ。

三上:さとみと同棲するも、度重なる浮気が原因で破局。その後、大学の同級生と結婚。

さとみ:完治に想いを寄せた時期もあったが、煮え切らない完治を待てず、熱烈な三上のアプローチに同棲を決意。その後、リカがアメリカ留学している間に完治と急接近。見事に結ばれ、2人の子宝に恵まれる。

 

 

 

純愛ではなかった・・
まったくもって純愛ではなかった・・・

高2の時の、17歳の時の私は、純愛だと思ったのです・・原田宗典ではないが、まさに「17歳だった」と言えるでしょう。

 

いかがでしょうか?当たり前ですが、この様に、人間は齢を重ねる毎に感性も変わってくるのです。

つまりは、ジェネレーションギャップを超えるためには、

 

「相手の年齢に合わせ、自分がその年齢の時にどの様な感性を抱いていたかを思い出す。」

 

これが有効な手段の一です。

ただ、なかなか難しいのも事実・・・

 今回はここまでにし、次回は別の角度からジェネレーションギャップについて書いてみようと思います。

 

 

 

十七歳だった! (集英社文庫)

十七歳だった! (集英社文庫)