歴史物語〜十字軍とアルカイダその3〜

   こんにちは。暑い日が続きますね。おかげで、何年ぶりかに熱中症になりましたが、ソルティライチのおかげで元気になりました。

   さて、前回の記事では、十字軍の経済的背景について御紹介しました。

   前回の記事を読んでいただければ、十字軍遠征が宗教戦争などではなく、領土目的の侵略戦争であり、イスラム世界の人々がヨーロッパ諸国に恨みを抱く始まりになったという事が、御理解いただけると思います。

   ですが、これは少しおかしな話ですよね。

   十字軍遠征が終わったのは13世紀末。今から700年以上前です。そんな大昔の事を、いまだに恨み続けている。考えにくい話です。でも、未だにイスラム圏の人々は十字軍と聞くと悪い印象を持っている。何故か。それは、十字軍遠征がヨーロッパによる侵略の、始まりに過ぎないからです。

 よく教科書には「十字軍遠征は失敗であった。」と書いてあります。しかし、本当にそうでしょうか。たしかに、聖地イェルサレム奪回は出来ませんでした。つまり、領土の拡大には失敗したのです。しかし、地中海の制海権奪回には成功しました。宗教的目的は果たせませんでしたが、地中海支配という経済的目的は達成したのです。

 十字軍遠征以降、西ヨーロッパの人々はユダヤ商人を仲介役として、イスラム圏と貿易を始めます。つまりは、西ヨーロッパとイスラム諸国とアジアが、貿易関係で結ばれたわけです。これがヨーロッパの商工業を大いに活発化させました。

 ただし、この時点での力関係はイスラム圏の方が上です。当然ですよね。イスラム諸国を通じてアジアと貿易をしているわけですから、彼らが再びアジア貿易を独占したら、西ヨーロッパは大きな経済的打撃を受ける。故に、イスラム諸国に逆らう事は出来ない。しかも、11世紀になってようやく商工業が活発化し始めた西ヨーロッパに対し、イスラム諸国は8世紀には中国などアジアとの貿易を始めています。経済力はイスラム諸国の方が遥かに上なわけです。結果、西ヨーロッパの人々はイスラム諸国と決して対等とは言えない貿易関係を結ぶことになりました。この事は、西ヨーロッパの商人達の間に、イスラム商人に対する恨みを抱かせる結果となります。

 この様に十字軍遠征は、イスラム圏の人々には侵略された恨みを、西ヨーロッパの人々には不利な貿易関係を強いられた恨みを抱かせ、双方に禍根を残す結果となりました。そしてそれが、大航海時代につながり、現在まで続く、イスラム世界の反ヨーロッパ感情の原点となったわけです。

 このように、十字軍遠征は現在のイスラム過激派の原点ともいえる出来事であり、是非、学校の授業では、歴史を現代につながっているという視点で教えてほしいのです。

 今回で、イスラム世界に関する歴史物語シリーズはいったん区切りをつけようと思っています。いかがでしたでしょうか。高校世界史の知識があれば、現代の国際情勢も理解しやすくなる事を、実感していただければ幸いです。

 もし、歴史物語のリクエストがありましたら、コメント欄に残していただければ、ブログ執筆のモチベーションになりますので、よろしくお願いします。